会社辞めたい30代独身に届け!人生を豊かにするための退職準備5選【実体験談】

スポンサーリンク
転職・起業

会社を辞めたい30代独身の皆さんこんにちは!そうでない方もようこそ!このサイトにこられたとい     うことは、きっとこんな悩みを持ってきたのではないでしょうか。

会社を辞めたいが迷う、30代での転職って不安、独身でいい歳だし何か人生を変えたいなど本当に色々な悩みを抱えていると思います。

私も会社を辞めたい思う30代独身の時代がありました。そして私は実際に32歳と36歳で転職や退職を経験してきました。

だからこそ私の実体験を紹介することで、この記事を読んでいるあなたのその悩みを1つでも解決できたらと思い記事を書きます。この記事では以下のことを実体験を含めて紹介します。

  • 会社を辞めた実体験
  • 会社を辞めたいと思った理由
  • 会社を辞めたその先の選択肢
  • 会社を辞めるためにした準備と行動

あなたの会社を辞めたい気持ちの整理と将来に向けての行動方針を作るお手伝いになれば幸いです。

スポンサーリンク

「記事の中で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。」

30代独身で会社を辞めた私の実体験

会社を辞めたい30代独身だった私の実体験を簡単に紹介します。

22歳 大学卒業して地元の信用金庫に入社

30歳 信用金庫辞めたいと思い始める

32歳 10年務めた信用金庫を退職

32歳 税理士事務所に転職

35歳 税理士事務所を辞めたいと思う

36歳 税理士事務所退職

私自身、30代になった時に会社を辞めようか急に悩み始めました。信用金庫でずっと安定した人生を送ると思っていたのに。

そして悩みに悩んで転職活動を行動した末に、信用金庫を辞めました。そして人のご縁もあり税理士事務所に転職。

私個人的な感想をいうと、会社を辞めたことも、転職活動したことも、新しい会社に就職したことも今思えば本当によかったと思います。後悔もありません。かなり面白い人生になっていると思います。

私の実体験から会社を辞めたい30代独身の悩めるあなたに伝えたいことは、たった一つ!

「自分が今一番納得できる方向で生きる」です。

自分が主体的に方向性を選択することで、将来どんな結果になっても「自分が選んだことだから」と受け入れることができます。

そのために、色々なサイトにあるように必ず転職をしてくださいとは言いません。でも、自分の人生やキャリアを見つめなおしたり、転職活動や転職相談は絶対にやっておいた方がよいと考えます。

なぜならその行動があなたの「会社を辞めたいという悩みの解決」につながります。

お伝えしたい結論は出し切ったので、ここからは実体験を時系列順にもう少し細かく紹介します。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社を辞めたいと思う30代独身の理由は?

30代独身が会社を辞めたい理由ってそもそもなんなんでしょう。理由がなければ、辞めたいと思うこともないので私の実体験を含めて紹介します。

会社を辞めたい理由は人それぞれあると思いますが、一度自分がどう考えているのか気持ちの整理はとっても重要です。

現状への不満

30代独身が会社を辞めたい理由は、まず現状への不満から始まります。不満が無ければ辞めたいと思いませんからね。

主には以下の理由があると思います。私も実際に感じたものです。

  • 会社の仕事に飽きてきた
  • 労働条件と環境、人間関係がよくない
  • 時代の流れに取り残されていると感じる
  • 年功序列の社風で将来性がなさそう
  • このままだと年齢的に転職活動とか厳しくなる

毎日がなんとなく同じ繰り返し、残業ばかりで人間関係もピリピリ、ぶら下がりおじさんとおばさんが職場で幅を利かせ、給料も上がりそうにない。

本当にこの会社に将来性があるのかわからないし、このまま60歳までモヤモヤしながら働いていくのかと。

SNSを見れば、みんなキラキラ輝いて生きているのに。。

言い出せばキリがないかもしれません。

将来への理想

30代独身が会社を辞めたい理由は、なにも不満ばかりではないです。理想があるからこそ、それを叶えたいと思うこともあります。

主には以下の理由があると思います。これも私が実際に感じたものもあります。

  • 毎日に刺激がほしい
  • ホワイト企業でプライベートも充実させたい
  • 1回きりの人生を素敵なものにしたい
  • 自分の能力を発揮してイキイキと働きたい
  • 30代で新しい挑戦したい、起業したい
  • 時代の流れにのり成長している業界で働きたい

ある程度の社会経験を積んでくると、色々なことに慣れるので色々な欲が出てきました。

このままで自分の人生を終わりたくない。色々な仕事の経験もしたいし、プライベートも充実させたいし、挑戦して一旗揚げたいなんて考えたり。

閉塞感を打ち破って、キラキラした世界で生きるんだ!みたいな。よし!会社なんて辞めてやる!みたいな。ことを思いました。

スポンサーリンク

会社を辞めたい30代独身の選択肢は?

さて、会社を辞めたいと思ったもののどうするか?会社辞めたい30代独身に限らず選択肢は大きくわけて3択ではないでしょうか。

  • そのまま働き続ける
  • 転職をする
  • 起業・独立をする

これのいずれかを自分で考えて、自分で選択するのですが、この時間があなたの将来にとってとても貴重な時間になります。

普段こんなこと考える機会は中々ないですし、頭の思考整理になったり、自分自身の新しい可能性の発見になるかもしれませんよ。

私はこの時に考えた人生観や方向性が今も活きています。何か方向性に悩んだときは、このときのメモを見返したりしています。

そのまま働きつづける

会社を辞めたい30代独身の選択肢1つ目は、今の会社で働くことを選択するです。いきなりテンション下がるようなこと言うなよって思うかもしれませんが、意外とその選択肢もありだと思います。

理由は主に以下の通りです

  • 新しく工夫、挑戦できることを発見する
  • いまの会社で新しい自己目標ができる
  • 他の会社に比べて意外と環境に恵まれていた

会社を辞めたいと思う時には、思考停止状態になっていることがあります。ここで一度立ち止まって自分を見つめ直すと、今の会社でも自分にやれることがあることに気が付いたりします。

それをきっかけに、この会社に勤めている間になにか営業実績や改善実績を出してみようと思い、新たな目標が見つかることもあります。新たなスキルを身に着けようと思うこともあるかもしれません。

また、会社を辞めたいと考えていると他の会社の友人や取引先の人に「あなたの会社どう?」って情報を集めることもあります。

そうすると、意外と自分の会社ってまだマシなのかなって発見することもあります。

何も行動せずに今の会社で働き続けるのは不満がただ溜まり続けるので良くないですが、何か情報収集や思考や活動をした結果、今の会社で働き続けることを納得してうえで選択するのは良いと思います。

転職をする

会社を辞めたい30代独身の選択肢2つ目は、転職することを選択するです。これが最も思いつきやすい行動ではないでしょうか。

会社を辞めたい30代独身なら転職の選択肢は必ずあった方がよいです。理由は以下の通りです。

  • 社会人経験があり即戦力としてなら転職しやすい
  • 転職は年齢を重ねていくほどドンドン厳しくなる
  • 転職した後に仮に失敗してもまだ間に合う
  • 独身で家庭がないため独断で意思決定ができる

社会人経験があるということと、何らかの業務経験や即戦力がある人材なら転職はしやすいでしょう。企業からしたら人材不足のご時世で社会人経験のあまりない若手を一から育てるより手っ取り早いですしね。

ただし、逆もしかりです。転職は年齢を重ねていくとドンドン不利になります。35歳くらいになってくると業界経験ありでマネジメント経験があるなど条件が揃わないとかなり厳しい対応になります。

企業からしたら30代は社会人経験で色々な知恵や自分の考えを持っている人が多いし、それでもし会社の業務命令に従わないとかクセのある面倒な人材を雇って失敗したくないと考えたりします。

それだったら素直に従ってくれそうで、仮にクセのある人材だったとしても教育して指導できそうな可能性がある20代を選ぶと思います。

実際に私も32歳と35歳で転職活動をしましたが、年齢を理由にばっさり断られたり厳しい反応をされたことが多数あります。20代後半で転職活動をしたらもっと可能性の幅は広かっただろうなと感じました。

ただ、会社を辞めたい30代独身の方にこれは言いたいです!

「転職活動は絶対にするべきです」

その理由は以下にまとめます

  • 現状の自分を多角的に見つめ直せる
  • 自分の生き方の軸を見つけるきっかけになる
  • 転職エージェントなど他人に客観視してもらえる
  • 自分に足りないもの、あるものが発見できる
  • 転職活動自体はノーリスク

私自身、転職活動をしたことで本当にたくさんの気づきと発見がありました。また、厳しい現実に直面したり、新しい可能性に出会えることができたので転職活動をやって本当によかったと心から思います。

転職をするなら転職サイトやエージェントを活用すると有意義な活動ができます。別記事でまとめたので参考にしてください↓

起業・独立をする

会社を辞めたい30代独身の選択肢3つ目は、起業・独立することを選択するです。この選択肢はこれからの時代でどんどん増えてくるように思います。

例えば、フリーランスのニュース一つとってもその傾向は明らかです。

ランサーズ株式会社は11月12日、「新・フリーランス実態調査 2021-2022年版」を発表した。2021年10月時点でフリーランス人口は約1577万人、経済規模は約23.8兆円であることが分かった。調査を開始した2015年と比較すると、フリーランス人口が約640万人、経済規模が約9.2兆円増加している。推移を見ると、2020年に一旦減少したものの、2021年1月に人口・経済規模がいずれも大きく増加。「コロナ禍でフリーランス市場は大きく拡大したことが分かる」(ランサーズ)としている  引用:ランサーズ

これについては私自身経験がないのであまり多くを語れませんが、私も目指すところなので経験談はまた記事を書いていきたいと思います。

ただ、私の職業柄で経営者さんに接してきた中で感じたのは、起業や経営をしている人は人間的な個性や魅力が溢れてて面白いです。

それはきっと超大変な経験をしたり、超楽しい経験をしているからだと思います。

スポンサーリンク

会社を辞めたい30代独身ができる退職準備5選

会社を辞めたい30代独身にも準備は必要です。色々面倒くさいって思って、なにも考えずに勢いだけで行動すると大抵は自分の軸がブレブレになり自分はなにがしたかったのかわからなくなります。

会社を辞めて次のステップへ行くにしても、色々な壁や現実にぶち当たります。そこで自分の軸がないと意志を通せなかったり、他人の意見に流されてしまったり。

自分の軸を持って、自分が一番納得できる方向へ進むためにも準備しましょう。

現状の自分を棚卸する

会社を辞めたいと思ったら、現状への不満と自分の理想を思いつくだけ頭の外から出してみましょう。

紙でもパソコンでもいいので、書き出してみると今の自分が考えていることが客観視できるのでオススメです。頭の中で考えていても堂々巡りしますので一度外に出しましょう。

可能ならば人に話を聞いてもらってもよいでしょう。なにせ自分一人だと堂々巡りになりがちです。

  • 自分の不満はなにか?
  • 自分の理想はどんな?
  • 自分はどう生きたいのか?
  • 自分はなにをしたいのか?
  • 会社を辞めるメリットとデメリットは?

ここで洗い出したものを見て考えて、自分の納得する方向性にすすむヒントにしましょう。

会社を辞めたい理由を改めてみると、次に自分がどうするべきか、何をするか見えてくることがあります。これが見つかったら大きな一歩です。

履歴書と職務経歴書が自分棚卸しには有効です↓

辞める時期を決める

会社を辞めることを決断したらその時期をいつにするか決めましょう。会社はいずれかは辞める時がきます。それが30代になるのか、60代になるのかの違いです。

大事なのは期限を決めることです。会社を辞めたい30代独身には色々な障壁が立ちはだかる可能性があります。それを乗り越えていくために以下にまとめます。

  • 勤めている会社上司の慰留説得
  • 同僚や後輩と別れる寂しさ
  • 親族からの余計なアドバイス
  • 友人や知人の余計なアドバイス

特に会社上司は、時間をかけて教育した人材を手放したくないし、自分が忙しくなるかもしれないし、自分の人事評価に影響があるかもなど色々な思惑が働き慰留してくるケースが多いです。

自分の心が揺らがないように辞める時期を明確にしておきましょう。結果的にそれが1年遅れても良いです。

私の場合はですが、人間の意志は弱い傾向にあるのと思うので期限を決めないとズルズルと時だけが過ぎていきます。

退職願を買って作成するだけでも意志が固まります

日本法令 退職願 B5サイズ
created by Rinker

私が退職したときの実体験記事はこちら↓

転職先を決める、起業独立を決める

会社を辞めたいと思っていざ辞めたとしても、その先の方向性が決まっていないと前に進むことができません。

転職先を決めてから会社を辞める、起業独立で何に挑戦するか決まってから辞めるとその方向性に向けてすぐに行動ができるので良いです。

ただし、病気やうつ病などで体調が優れない方は除きます。まずはしっかり休んで回復しましょう。正しい判断ができる状態になってから行動した方がよいと思います。無理に行動して悪化してもいけません。

会社を辞める前に転職先や起業独立を決めるメリット決めてないデメリットを以下にまとめます。

決まっているメリット

  • 退職交渉で慰留を断れる強い理由になる
  • 今後やるべきことが明確になり行動しやすい
  • 転職先が決定していると精神的に安心

決まっていないデメリット

  • 履歴書に空白期間ができる
  • 転職活動が長引くと精神的に焦る
  • 無収入期間が長くなると精神的に焦る
  • 方向性が決まらないと無駄に時間が過ぎていく

30代独身で会社を辞めるのであれば、方向性は決めておきましょう!

転職活動をするなら紹介したい便利ツールがあります。「転職会議」という実際に働いていた人の会社の口コミを見れるサイトがあります。転職したいなと思う企業の情報収集に役立ちます!

↓いますぐ無料登録する↓
転職会議

 

そしてお決まりの転職ツールと言えば、やはり転職サイトとエージェントです!転職エージェントを活用した私の実体験記事はこちら↓

貯金と生活費の予想をする

会社を辞めたい30代独身の方に限らず、お金のことはしっかりと考えておきましょう。

なぜなら、お金が無くなると精神的にどんどん焦りが出てきます。その焦りから転職活動や起業独立の活動などに集中できなくなり悪循環になるからです。

私は仕事柄色んな経営者さんや債権者さんを見て接してきましたが、お金がなくなっていくと人間豹変します。金策にばかり時間と思考を取られ、焦りとイライラで自らの状況をどんどん悪化させていくのを見てきました。

お金については、会社員として安定収入があるうちに生活費予想や現状を把握しておきましょう。本当にやるべきことに集中するために。

  • 毎月の生活費
  • 転職活動の費用
  • 起業独立の費用
  • 会社を辞めた後の税金
  • 貯金額や退職金見込み

以下のようなサービスを利用して、少しでも支出を抑えることも大切です。

自己投資、副業、独立準備をする

会社を辞めたい30代独身であれば、自己投資、副業、起業独立準備をやろう、もしくはやっているという方もいるのではないでしょうか。

会社員として安定収入があるときこそ、やっておくことをおすすめします。

自己投資をする

  • 転職先で必要なスキルを身につける
  • 転職先であると有利な資格をとる
  • 営業スキル、人脈、PCスキルなど
  • 経営者の話しを聞きにいく

副業で稼いでみる

  • リスクのない副業を始める
  • 資産運用をしてみる

転職するにしても、起業するにしてもなにかスキルがあると有利ですし、稼いだ経験、損をする経験を積むことはものすごく価値がある体験になります。

逆にノースキルや稼ぐ経験、損する経験がなく起業独立すると無収入期間が長引いて焦ったりするので、一度なにかしら経験をすることで自分の方向性を見極めるのも良いと思います。

例えば以下のようなサービスを利用して、自己投資によりスキルをつけたり、稼ぐ力を身に着ける方法もあります。

無料体験などもあるのでおすすめです!それだけでもとても勉強になります。

スポンサーリンク

会社を辞めたい30代独身に届け!人生を豊かにするための退職準備5選【実体験談】のまとめ

会社辞めたい30代独身に届け!人生を豊かにするための退職準備5選【実体験談】の記事は参考になりましたか?最後にまとめです。

まず私が一番伝えたいことをもう一度言います!

「自分が今一番納得できる方向で生きる」です。

そのために、会社を辞めたいと思っている方は以下のことをやっておくとよいです。

  1. 現状の自分の棚卸(不満や理想の洗い出し)
  2. 辞める日を決める
  3. 転職先、起業独立を決める
  4. 貯金額の把握と生活費予想
  5. 自己投資、副業、独立準備

30代は本当に色々な悩みがあると思いますが、その分チャンスもたくさんあると思います。

どんな方向に進むとしても、あなたの一度きりの人生がどうか幸せな人生になることを願っています。

会社辞めたい人や転職したい人、自分のキャリアを見つめ直したい方にこの記事が人気です↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました