「本ページはプロモーションが含まれています。」

アドラー心理学は結婚恋愛にも活かせる!実践方法を活用例を紹介

スポンサーリンク
アドラー心理学は結婚恋愛にも活かせる!実践方法を活用例を紹介! 資格・学び

結婚や恋愛といった人間関係は複雑で予測不可能なものです。

しかし、アドラー心理学はこれらの関係をより健全で幸福なものに変えるための有効なツールと言えます。

アドラー心理学は個人の行動や考え方の背景にある動機を理解し、他者との関係を改善するための洞察を提供します。

アドラー心理学の概念を結婚や恋愛に活かすことで、相互理解を深め、コミュニケーションを改善し、関係を長期間維持するためのヒントも得られます。

本記事ではアドラー心理学の基本的な理論を紹介し、それを結婚や恋愛にどのように実践するかについて詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

アドラー心理学を結婚恋愛に実践する方法を解説

アドラー心理学を学び、適切に活用すれば結婚恋愛において活用することも可能です。

アドラー心理学には下記のような概念があります。

  • 劣等感の克服
  • 社会的関心
  • 生活様式の理解

これらは一言で言うならば、人間関係に関するものです。

結婚や恋愛も人と人との関わり、つまり人間関係です。

人間関係をうまく運ぶことができるようになれば、結婚や恋愛にも活用できます。

 

劣等感の克服の概念を使う

劣等感は恋愛関係や結婚生活においても根深い問題を引き起こすことがあります。

アドラー心理学において劣等感の克服は、自己受容、自己価値の向上、そしてポジティブな自己像の構築によって達成されるとされています。

パートナーとの関係においては、自分自身を正直に受け入れ、自己肯定感を高めることで、より健全な恋愛関係を築くことが可能です。

また、相手も同じ、何かしらに劣等感を持っており、それを抱えて生きているということを考えられれば、より友好な関係を築けるでしょう。

 

 

社会的関心の概念を使う

アドラー心理学における「社会的関心」の概念を学ぶことで、恋愛関係や結婚生活における協力と共感を促進できるでしょう。

相手の求めているものや感情に対する理解と共感は、関係をより深めることや長期的な幸福へ繋がります。

パートナーには常に共感を持って歩み寄り、信頼と尊重の基盤を作り、より良い関係を目指せることでしょう。

 

 

生活様式の理解の概念を使う

アドラー心理学では個人の生活様式や行動パターンを理解することが重要であるとされています。

また、恋愛や結婚においては、パートナーの生活様式や価値観を理解することが互いの違いを受け入れ、調和を築く鍵となるとも考えられています。

相手の行動の背後にある「動機」や「信念」を理解することで、より深い相互理解を得ることができるでしょう。

一度相手の考え方を理解できたら、それ以降、応用しつつ、可能な限り常に尊重できるように心がけるとより良い関係を築けるはずです。

 

 

スポンサーリンク

アドラー心理学が結婚恋愛で活用できる場面

アドラー心理学は、次のような場面で結婚恋愛に活用できます。

 

  • 男女の違いを理解することに活かす
  • 結婚相手の決め方に活かせる
  • 離婚する夫婦のケースを知り回避できる
  • 夫婦間のギャップを埋めるために活用する
  • 良好な関係を長く続けるために活かす

1つずつ具体例を解説します。

 

男女の違いを理解することに活かす

男女間には生物学的、文化的な違いが存在します。

アドラー心理学ではこれらの違いの理解も促しています。

確かに、現代では「男性だから」「女性だから」でひとくくりにするものではないという考えが主流です。

しかし、性「別」という言葉からもわかるように、男女全てが同じものではありません。

男女に「傾向として、こういった考えが多い」というものを理解すれば、相手の視点で物事を考えるヒントになるでしょう。

 

 

結婚相手の決め方に活かせる

自己理解と相手への理解を深めることで、より相性の良いパートナーを見つけることができます。

アドラー心理学は自己理解はもちろん、相手への理解を深めることにも役立ちます。

相手の長所と短所をバランスよく見ることができるのも、アドラー心理学を学ぶ大きなメリットです。

恋愛経験があまりない、もしくは久しぶりに恋愛をする人の中には、相手の良いところばかりが目に入り、結婚後に「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔する人も居ます。

もちろん、相手のことを大切に思うのは重要なことです。

しかし、相手の良いところと悪いところを理解し、本当に結婚相手にふさわしいか判断するのも、人生においては重要なことであると言えます。

 

 

離婚する夫婦のケースを知り回避できる

離婚する夫婦の特徴について、アドラー心理学の教えを応用して解説している本などもあります。

そういったケースを参考にすることで、自分とパートナーの関係性が離婚するケースに当てはまっていないかを確認することができます。

また、アドラー心理学を活用することで、離婚を回避できることもあります。

相手の劣等感などを理解し、尊重することを大切にしているアドラー心理学を学べば、亀裂が入りかけている関係を修復できるかもしれません。

 

 

夫婦間のギャップを埋めるために活用する

夫婦間のギャップは、誤解やコミュニケーションの不足によって生じることが多いです。

アドラー心理学の原則を適用することで、相互理解を深め、ギャップを埋めるための具体的な方法を学ぶことができます。

話し合いが大切であるとはされていますが、何も工夫をせずに話し合いをしても意味がありません。

しかし、お互いにそこでアドラー心理学の理論を活用し、理解し、ギャップを埋める工夫ができれば、歩み寄れることもあるでしょう。

 

 

良好な関係を長く続けるために活かす

恋愛関係や結婚生活を長期間維持するためには、相互の理解、尊重、そして成長が必要です。

「相手は自分を好いているから」とあぐらをかいていては、いつかその関係には終わりがくるでしょう。

しかし、アドラー心理学を活用すれば、常に良好な関係を続けるために他者を尊重する癖を習得できるので、大変な思いをせずとも、自然と関係を長く続けられるはずです。

 

 

スポンサーリンク

アドラー心理学は結婚恋愛以外でも幅広く役に立つ

アドラー心理学が結婚や恋愛に活用できることは、ここまで読んでくださった方ならわかることでしょう。

しかし、アドラー心理学が役立てられるのは結婚や恋愛に限ったことではありません。

人間関係の改善はもちろん、仕事や子育てにも役立てられるのがアドラー心理学です。

 

アドラー心理学が他の日常場面でどう活用できるのかは下記の記事で紹介しています↓

 

 

スポンサーリンク

【まとめ】アドラー心理学を結婚恋愛に活用して円満な関係を続けよう!

今回はアドラー心理学を結婚や恋愛に役立てる方法について解説してきました。

アドラー心理学を活用すれば、これからの関係はもちろん、マンネリ化している関係を改善できるかもしれません。

 

アドラー心理学を勉強する方法にはさまざまありますが、下記の記事では簡単に紹介しています。

この記事を読んで、アドラー心理学を学んでみたいと感じた方はぜひこちらもご覧ください。

 

アドラー心理学について役立つ情報はこちら↓

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました