「本ページはプロモーションが含まれています。」

アドラー心理学が役に立つ使い方5選!学ぶメリットと活用術を解説!

スポンサーリンク
アドラー心理学が役に立つ使い方5選!学ぶメリットと活用術を解説! 資格・学び

アドラー心理学は最近注目を集めている心理学ですが、「そもそも何の役に立つのだろうか?」という疑問を持つ人も多いでしょう。

 

「実用的である」とはよく聞きますが、どのように実用的なのでしょうか。

今回はアドラー心理学が実生活において役に立つ場面を詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

実用的といわれるアドラー心理学とは?

アドラー心理学が役立つ場面を確認する前に、大まかな概念を確認しておきましょう。

アドラー心理学はオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーによって開発された心理学の一派です。

人間の行動と性格の発達に重点をおいているのが特徴です。

個人がお互いの行動や性格を理解するための方法を提供しており、他者を理解するためのヒントを得られる心理学と言えます。

心理学には犯罪心理学や臨床心理学がありますが、すぐに実生活に活用できる点や、「嫌われる勇気」の大ヒットなどが注目を集めている理由です。

 

スポンサーリンク

アドラー心理学が日常で役に立つ使い方5選

ここからは本記事の主題である、アドラー心理学が実際に役に立つ場面について解説していきます。

あなたが悩んでいるポイントがあれば、ぜひ学んで改善していきましょう。

 

①仕事で使うと役に立つ

アドラー心理学は仕事にも活かせて役に立ちます。

アドラー心理学を学ぶことで他者への理解が進み、お互いを尊重できるようになるので、仕事における些細なトラブルを回避できます。

また、人材教育においてもアドラー心理学は活用できます。

アドラー心理学は、人がどのような場面でモチベーションが高まり、どのような場面で気分が下がるのかを学べる学問です。

つまり、アドラー心理学を活用すれば上手く部下や指導する相手のやる気を保つことができ、モチベーターとしての役割を果たせるようになるのです。

 

アドラー心理学を仕事に活かすにあたってのポイントについてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

➁人間関係で使うと役に立つ

アドラー心理学は、人間関係に悩みを抱えている人にも役に立ちます。

アドラー心理学を学ぶことで人の行動や動機を理解できることが増えます。

つまり、より強く他者に対して共感を持つことができ、寛容になれたり、慈悲の心を持てたりするのです。

相互理解が進めば、お互いの性格などを尊重できるようになりますし、仲が悪い相手とも関係を修復できることもあるでしょう。

 

アドラー心理学を人間関係に活かすにあたってのポイントについてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

③生き方を見つめなすのに役立つ

アドラー心理学は「生き方そのもの」にも良い影響を与え役立ちます。

アドラー心理学は、人が抱える劣等感などを克服するため「欲求」に焦点を当てます。

人生におけるさまざまな問題の原因となる「劣等感」を改善できるのです。

これにより、ストレスが減って幸福感が高まる人が多いです。

自分に対して自信を持つこともでき、特にこれまで強い劣等感を感じていた人は、解放されたような気分になることもあるでしょう。

 

アドラー心理学を生き方に活かすにあたってのポイントについてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

④結婚・恋愛で使うと役に立つ

結婚や恋愛においても、アドラー心理学を活かすことができて役に立ちます

婚活をしている、または夫婦関係に悩んでいる方はぜひ学んでみてはいかがでしょうか。

アドラー心理学では男女の考え方の違いなどについても言及されています。

全てが現代の人に当てはまるわけではありませんが、「こういう傾向がある」ということを学べるのは大きなメリットです。

また、アドラー心理学では結婚相手を決める際のポイントや、離婚する夫婦に共通する特徴についても紹介されています。

夫婦間のギャップを埋める方法なども解説されているので、適切なパートナー選びはもちろん、いつまでも良い関係を続けるためのコツも学べます。

 

アドラー心理学を結婚や恋愛に活かすにあたってのポイントについてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

⑤子育てに使うと役に立つ

子育てに悩んでいる方にも、アドラー心理学は役に立ちます。

アドラー心理学では子供の自尊心の育成や社会性の発達はもちろん、健全な親子関係の構築方法についても解説されています。

幼稚園、小学生、中学生、それぞれの時期についても学ぶことができ、反抗期の乗り越え方なども解説されています。

褒め方についても、アドラー心理学では解説されています。

ただ褒める言葉をかけるのではなく「ありがとう」などの貢献感が得られる声かけが重要であるとしているのです。

 

アドラー心理学を子育てに役立てるにあたってのポイントについてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

【まとめ】アドラー心理学は様々な場面で役に立つ実用的な心理学!

今回はアドラー心理学がどのような場面で役立つのかについて詳しく解説してきました。

各部門について詳しく紹介している記事もあるので、気になる方はぜひそちらもご覧ください。

 

 

あらゆる場面で役に立つアドラー心理学を学ぶ方法はこちら紹介しています↓

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました