「本ページはプロモーションが含まれています。」

アドラー心理学の実践は難しい?役に立たないと言われる理由を徹底調査!

スポンサーリンク
アドラー心理学の実践は難しい?役に立たないと言われる理由を徹底調査! 資格・学び

アドラー心理学は日常生活におけるさまざまな側面において重要な役割を果たします。

しかし、「アドラー心理学」は、「難しい」「役に立たない」という評判があります。

こうした評判が出る理由について考えていきます。

アドラー心理学の基本的な理念と、その実践の難しさは本当か?、なぜ役に立たないと評価されるのかについて解説します。

 

また、どのようにして日常生活に役立つのかについても紹介していきます。

 

スポンサーリンク

アドラー心理学とは?

アドラー心理学はオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーによって創始されました。

「人間が社会的な存在であり、他者との共感、協力、共同体意識を重視すること」を基本としている心理学です。

アドラー心理学の中心的な概念には、劣等感の克服、目標指向性、社会的関心などがあります。

自己受容、自己実現、対人関係の改善など、現代人が直面する課題に対してもヒントを与えてくれることが多い、実用的な心理学です。

 

 

スポンサーリンク

【結論】アドラー心理学の実践は難しくない

まず結論として、アドラー心理学の実践は難しくありません。

なぜなら、個人差はあれども日常生活で無意識に実践しているはずだからです。

それにもかかわらず理論とあなたの体感が結びついていないから難しいと感じるのです。

 

アドラー心理学の原則は日常生活に密接に関連しています。

例えば共同体感覚は、仕事や学校、家庭などの社会的環境において自然と発揮されるものです。

また、自己受容や目標指向性は個人の内面的成長に不可欠であり、これらを意識的に育むことは日常生活において無理に努力する必要もありません。

アドラーの提唱した概念は、私たちの日常的な行動や思考に根ざしており、実践にあたっては、すでに持っている感覚やスキルを理論に結び付けて活用するだけで十分なのです。

 

アドラー心理学を通信講座で実際に学んだ人の口コミを紹介しています

学びが役に立ちそうかどうかはこちらの記事が参考になります↓

アドラー心理学検定1級の口コミ。概要や取得のメリットを紹介!

 

 

スポンサーリンク

アドラー心理学が実生活に活かせる場面とは?

では、早速アドラー心理学が実生活に活かせる場面について考えていきましょう。

アドラー心理学の実践はあらゆる身近な場面でできることがわかります。

アドラー心理学は「仕事」「人間関係」「生き方」「恋愛・結婚」「子育て」などに役立てられます。

 

仕事ビジネスでの実践で役に立つ

職場では共同体意識や劣等感への理解が重要です。

アドラー心理学はチームワークを強化し、個々の長所を活かしながら共通の目標に向かって努力する方法を提供します。

また、劣等感や競争のプレッシャーを健康的に処理し、生産性を高めるアプローチについても学ぶことができます。

特に人材教育にはアドラー心理学が効果的です。

部下を教育する立場にある人は、ぜひ下記の記事を参考にして、アドラー心理学を仕事に役立ててください。

 

 

人間関係での実践で役に立つ

アドラー心理学は人間関係をより良くするためにも非常に役立ちます。

共感や理解を深めることで、お互いのことを尊重できる、健全で素晴らしい人間関係の構築を目指せるでしょう。

アドラー心理学を人間関係に活かすための方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ぜひこちらも併せてご覧ください。

 

 

生き方をよくすることに役立つ

アドラー心理学は自分自身の価値を認め、ポジティブな生き方をすることの大切さを説いています。

また、人生の目標に向かって努力する過程で、劣等感を克服し、自己実現を図るための具体的な方法論についても学べます。

生きることは人と関わること、とよく言われるように、人間関係を改善できるアドラー心理学は、生き方をよくするのにもぴったりなのです。

 

 

 

結婚・恋愛でのよい関係づくりに役立つ

結婚や恋愛関係においても、アドラー心理学の考え方は大きな助けとなります。

感情の管理、パートナーとの共感の発展、対立の解決方法など、長期的な関係を維持するための重要な要素が含まれています。

相手のことを考えることこそ、人間関係においては大切であり、それは相手が友人であろうとパートナーであろうと同じです。

結婚や恋愛にアドラー心理学の考えを活かしたい方は、ぜひ下記の記事も参考にしてみてください。

 

 

子育てや親子関係をよくするのに役立つ

アドラー心理学は親と子の健全な関係構築にも役立てられます。

子どもの自立心を育て、自尊心を高める方法、劣等感や失敗に対する建設的な対応の仕方など、子どもの健全な成長と発達に必要な考え方を学べます。

また、子育ての最も大きな障壁とも言える反抗期の乗り越え方についても学べます。

子育てに悩む方はもちろん、将来子どもが生まれた時のために学んでおきたい人にもおすすめです。

 

 

アドラー心理学を通信講座で実際に学んだ人の口コミを紹介している記事が参考になります↓

アドラー心理学検定1級の口コミ。概要や取得のメリットを紹介!

 

 

スポンサーリンク

アドラー心理学が役に立たないと言われる理由3選

ここからはアドラー心理学が「役に立たない」「難しい」と言われる理由について詳しく考えていきます。

 

効果が実感できるのに時間はかかるから

アドラー心理学は日常生活に密接なので学んだ後にすぐ実践できる学問です。

しかし、短い時間でアドラー心理学的なアプローチをしただけでは効果は感じられません。

自分の考え方のクセや行動は中々すぐに変わるものではなく、時間がかかります。

だからこそ、学びの途中で実践を諦めた人の都合のよい言い訳として「役に立たない」「難しい」といっているだけです。

 

すぐに目に見えて改善されるなら、この学問はおそらく不必要になり存在していないでしょう。

よって、たった一回、数日で効果を実感したい人は向いていません。

長い目で見て、本当に人生を変えたいとか人間関係をよくしたいと望む人ならおすすめです。

しかし、あらゆる心理学の中でも、アドラー心理学は比較的早く効果を感じられるものです。

効果を早くするためにも、正しい方法や信頼性のある講座で学ぶことが大切です。

 

アドラー心理学を正しい方法に学ぶなら、こちらの記事も参考になります↓

アドラー心理学を勉強したい人に学ぶ方法を解説!社会人向けの大学はある?

 

 

そもそも無意識に実践できていたから

アドラー心理学は、すべては対人関係であると解説されています。

みな対人関係で悩んだり、問題が起きると感じからこそ学んでよくしたいと思います。

ただ、もともと人付き合いが上手い人は既に実践できていることもあります。

実践できており、かつ悩んでいなければアドラー心理学を役に立たないものと思うのは当然です。

そういった人にとっては、アドラー心理学はあまり意味のないものとなるでしょう。

 

 

勉強で満足してしまい活用していないから

理論を学んだだけで満足してしまい、実際の日常生活でそれを活用しない人もいます。

理論を学ぶことは重要ですが、それを実生活で実践できないと意味がありません。

実践せず、意味がないと感じてしまっている人も多いことから、「役に立たない」と評価されていることもあるでしょう。

 

もし、自分の意志が弱く学びを実践に活かせないのであれば「理論×体験の講座」を学ぶことも選択肢としてもよいでしょう。

ただし、体験型の講座は高額になりやすいので先に軽く内容を見て慎重に判断しましょう↓

ヒューマンアカデミーの心理学講座はやばい?口コミ評判や料金を解説!

 

 

スポンサーリンク

【まとめ】アドラー心理学は役に立つ!学んで実践しよう

今回はアドラー心理学が役に立たない、難しいという検索結果が出てくる理由について紹介してきました。
アドラー心理学は実践しやすい、非常に有用性の高い学問です。

ぜひ本記事を参考に、アドラー心理学を活用してください。

 

この記事を読んで、アドラー心理学を学んでみたいと感じた方はぜひこちらもご覧ください。

 

アドラー心理学について役立つ情報はこちら↓

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました