「本ページはプロモーションが含まれています。」

ディズニーの仮装にはルールがある!ハロウィン期間以外はどこまでOK?

スポンサーリンク
ディズニーの仮装にはルールがある!ハロウィン以外はどこまでOK? お出かけ

ディズニーで仮装できるのはハロウィンのイベント期間だけですが、服装には細かいルールが設けられています。

ルールを知らずにやりすぎた仮装で行くと、ハロウィンであっても入場ゲートで止められてしまい、中に入ることができません。

 

一方で、ディズニーにはハロウィン期間以外でも許されるコスプレが存在することをご存知でしょうか?

どこまでOKなのかを知っておくと、いつものディズニーでちょっとした仮装を楽しむことができます。

 

今回の記事でわかるのは、このような内容です。

  • ディズニーの仮装ルール
  • 仮装グッズの購入方法や着替える場所
  • ハロウィン以外でできるコスプレ

 

ディズニーで仮装したい人はもちろん、コスプレに興味はあるけどハロウィンに行くのは抵抗があるという人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーで仮装できるのはハロウィンの期間だけ

ディズニーに仮装をして入園できるのは、ハロウィン期間の9月15日頃から10月31日までの間です。

それ以外は年間を通して仮装が禁止されているので、仮装の完成度に関わらず入場ができません。

仮装をしてディズニーへ行こうと考えている人は、ハロウィンの期間をしっかり確認した上でチケットを購入しましょう。

 

スポンサーリンク

ディズニーのハロウィン仮装はやりすぎに注意!

ディズニーのハロウィン期間は仮装しての入園が可能なルールになりますが、他のゲストに迷惑がかかるほどやりすぎなものはNGです。

コスプレイヤーのように日常的にコスプレを楽しんでいる人の中には、凝った仮装をしたいと思う人がいるかもしれません。

しかし、やりすぎた仮装は周囲の人の迷惑になるだけでなく、パークでの禁止事項が増えてしまう可能性があるのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

ディズニーの仮装ルールをおさえよう!

ディズニーでは、仮装のルールが公式に設けられています。

いくつもあるので把握するのが難しいのでは?と思うかもしれませんが、どれもルールになるのは当然な内容ばかりです。

うっかりルールを破って入場ゲートで追い返されることがないように、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

ディズニーで指定されたキャラクター以外の仮装は禁止

ディズニーにはたくさんのキャラクターがいますが、どんな仮装をしても良いというわけではありません。

仮装が許可されるのは、公式ホームページで発表されるキャラクターだけです

大好きなキャラクターの仮装をして行っても、指定外だった場合は入場できないルールなので事前によく確認しておきましょう。

 

過度な露出の仮装は禁止

仮装に限らず、ディズニーでは年間を通して露出が多い服装での来園は禁止されています。

 

ディズニーキャラクターの仮装で特に注意が必要なのは、ティンカーベルやジャスミンです。

肩紐がないトップスやお腹が丸見えになる服装は仮装であってもNGなので、肌色のインナーなどを着て露出を防ぎましょう。

 

裾や袖が長い仮装は禁止

地面を引きずるほどに裾や袖が長い衣装は、踏んでしまい転倒する恐れがあるので禁止です。

 

ディズニーでは、プリンセスのドレスやヴィランズのマントなどが該当します。

仮装するのであれば必ず試着をして、必要があれば丈を詰めるなどの調整をしておきましょう。

 

顔の判別ができないメイクやアイテムの使用は禁止

ハロウィンだからといって、顔がわからないほどのメイクをしたり、頭からかぶるようなマスクを身に着けることは禁止されています。

顔がわからないような仮装は防犯上で問題があるので、禁止にされるのは当然のことです。

ただし、健康上の理由で医療用マスクをつける必要がある場合は該当しません。

 

危険物の持ち込みは禁止

ディズニーに限られることではありませんが、刃物や引火物など危険物の持ち込みは当然禁止です。

そんなの当たり前と思うかもしれませんが、おもちゃや偽物であっても周囲のゲストに不安を与える恐れがあるものは全て禁止とされています。

 

ディズニーキャラクターでは美女と野獣のガストンがライフル、ピーターパンは短剣など武器をもつキャラクターは意外と多いので、注意が必要です。

パーク内のショップで販売しているおもちゃの剣や銃は身に着けても問題ないので、仮装で使用したい場合は現地で調達しましょう。

 

電飾を施した仮装は注意

電飾の施された仮装はとてもきれいですが、場合によっては他のゲストの迷惑になる恐れがあります。

アトラクションやパレードなどでピカピカと光る仮装をしている人がいたら、色々と見えづらくてとても邪魔に感じますよね。

臨機応変に明かりを消すなどの配慮をすれば問題ありませんが、状況に応じてキャストから注意を受ける場合があるのでご注意ください。

 

キャストの仮装はNG

ディズニーランドはキャストの制服も可愛いのでコスチュームを真似したくなりますが、ハロウィンであっても仮装は禁止です。

本物のキャストと間違える可能性が高く、業務に支障を与えてしまいます。

 

スポンサーリンク

ディズニーの仮装はルール以外にも注意点がある

ディズニーの仮装にはたくさんのルールがありましたが、注意すべきことは他にもあります。

ハロウィンには仮装をして行こう!と決めたら衣装を用意する必要がありますが、どこにでも売ってるというものではありません。

また、着替える場所を把握していないと当日仮装できないということになりかねないので、どちらもしっかりと準備をしておきましょう。

 

仮装の用意についての注意点

ディズニーの仮装が買えるのは、以下の場所です。

  • ドン・キホーテ
  • 楽天
  • Amazon
  • メルカリやヤフオク

実際の衣装を手に取ることができるのはドン・キホーテですが、ハロウィンの時期以外は陳列数が少ないので、早めに買いたい人にはおすすめできません。

楽天やAmazonでは一年中取扱いがあるので、欲しい衣装をゆっくりと選ぶことができます。

 

メルカリやヤフオクでは実際にディズニーのハロウィンで使用した仮装を出店している人が多いので、本格的なコスプレをしたい人におすすめです。

 

ディズニーの仮装グッズが買える通販サイトはこちらで詳しく解説しています↓

ディズニーの仮装はどこで買う?ドンキや楽天ならコスプレが安い!

 

 

着替える場所についての注意点

ディズニーには両パークとも更衣室がなく、トイレでの着替えも禁止です。

舞浜駅に隣接するイクスピアリの中に仮装するための更衣室ができましたが、完全予約制なので、かなりの争奪戦になります。

自宅から仮装姿で行くのか、周辺ホテルに宿泊して部屋で着替えるのか、イクスピアリの更衣室の予約を取るのか、早い段階での計画が必要です。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーのハロウィンにおすすめの仮装

ディズニーのハロウィンでは、家族で仮装を合わせるのがおすすめです。

  • トイストーリー
  • モンスターズインク
  • ミスターインクレディブル
  • 不思議の国のアリス

 

この投稿をInstagramで見る

坂本 彩(@aya_sakaya56)がシェアした投稿

 

このように、1つのお話の中にたくさんのキャラクターが登場するものは仮装がしやすいので、家族全員で楽しめますね。

 

この時期のディズニーの混雑状況については、こちらで詳しく解説しています↓

ディズニーはハロウィンとクリスマスの間が穴場?混雑状況と楽しみ方を解説!

 

 

スポンサーリンク

ディズニーでハロウィン期間以外にもできるコスプレ

ディズニーでハロウィン期間以外にもコスプレが許可されるのは、次のとおりです。

  • 小学校6年生までの子供は年中コスプレが許可されている
  • 大人でも許されるのがバウンドコーデ

参考元:ディズニーリゾート公式サイト

バウンドコーデとは、洋服の色や形を組み合わせてキャラクターに寄せたコーディネートのことをいいます。

ただし、バウンドコーデもやりすぎると仮装としてみなされてしまうので注意が必要です。

 

ハロウィン期間以外のコスプレはどこまでOK?

バウンドコーデと仮装の違いは、バウンドコーデは一般的な服を扱うアパレルで購入できるもので、仮装はコスプレ用として販売されているものです。

 

バウンドコーデがしやすいプリンセスを例に挙げると、シンデレラをイメージして水色のワンピースに白い靴を合わせるなどの服装は問題ありません。

この投稿をInstagramで見る

おむぎそ (@amam_disney)がシェアした投稿

 

色の組み合わせだけで何のキャラクターかわかるので、ちょっとしたコスプレ気分を楽しめますね。

 

バウンドコーデの注意点

バウンドコーデもやりすぎると仮装とみなされてしまいますが、その判断をするのは入場ゲートにいるキャストです。

自分では問題ないだろうと思っていてもキャストが仮装だと判断すれば入場できないので、微妙な服装は避けることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの仮装ルールやハロウィン以外のコスプレについてのまとめ

今回は、ディズニーの仮装ルールやハロウィン以外のコスプレについて解説いたしました。

ディズニーキャラクターならどんな仮装をしても良いと思っていた人は、驚くことが多かったのではないでしょうか?

バウンドコーデはその呼び名がつく前からお気に入りのキャラクターがいる人はやっていたので、イメージしやすい部分もあったかと思います。

大好きなキャラクターがいる人は、ハロウィン以外でも是非バウンドコーデをして遊びに行ってみてくださいね。

 

ディズニーの服装に関するノウハウはこちらでも解説しています↓

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました