「本ページはプロモーションが含まれています。」

ディズニーの服装で失敗しないための注意点まとめ!禁止事項も解説!

スポンサーリンク
ディズニーの服装で失敗しないための注意点まとめ!禁止事項も解説! お出かけ

ディズニーへ行くときにどんな服装で行こうか悩む人は多いと思いますが、一生懸命考えて選んだ服が失敗だったという経験はありませんか?

せっかく選んだ服装で失敗するとテンションが下がるだけでなく、一日を快適に過ごすことができません。

また、ディズニーには服装に関する禁止事項があることをご存知でしょうか?

禁止事項の内容を知らずにパークまで行って、入場を止められるようなことが起こっては大変です。

 

この記事では、ディズニーで身に着ける服装で失敗しないために、禁止事項の詳細や季節ごとの注意点を解説いたします。

失敗しない服装でディズニーを楽しみたい人は、ぜひ最後まで読んで注意点を参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの服装で失敗しないための注意点

ディズニーの服装で失敗するケースとして、入場を許可してもらえない場合が挙げられます。

パークチケットがあっても入場できないと意味がないので、どんな服装が禁止なのか事前に確認しておきましょう。

 

ディズニーで公式に禁止されている服装

ディズニーで公式に禁止されている服装は、次の通りです。

  • 他のゲストを挑発する、また他のゲストの迷惑となるおそれがあるもの
  • 顔全体を覆うマスクなど、顔の大半が見えなくなるもの(医療目的で必要なものを除く)
  • 地面を引きずるもの
  • 好ましくない単語やデザインの刺青が露出しているもの
  • キャラクターや出演者、キャスト(従業員)と間違える可能性のある服装
  • 営利目的の宣伝行為となるもの
  • 中学生以上の方の全身衣装

引用:東京ディズニーリゾート公式【服装についてのお願い】

 

この中で特に注意したい3点について、次の見出しで詳しく解説していきます。

 

他のゲストを挑発する服装とは?

他のゲストを挑発する服装というのは、極端に露出の多い服や、暴力的な絵柄のプリントがある服のことを指します。

 

大人の女性が選ぶことはあまりないと思いますが、胸元や背中が大きく開いた服装や、お尻が見えそうなほど短いスカートなどは禁止です。

【参考例↓】

 

また、暴力的な絵柄とは、グロテスクで残酷なイラストのことを意味しています。

これらの服装は他のゲストを不快にさせる可能性が高いので、ディズニーへは着て行かないように注意しましょう。

 

地面を引きずるものとは?

この投稿をInstagramで見る

(@rica_ana_)がシェアした投稿

日常生活で地面を引きずるほど裾が長い服を着ることはまずありませんが、ハロウィンの期間中に仮装をして遊びに行きたい人は要注意です。

プリンセスやヴィランズの衣装は裾が長いデザインのものが多く、ほとんどの服が地面を引きずってしまいます。

せっかく仮装をしても、地面を引きずる服装では裾を踏んで転倒する危険があるため、入場させてもらえません。

ディズニーへ着ていく前に、足首が見えるぐらいの長さか確認しておきましょう。

 

キャラクターやキャストと間違える可能性がある服装

ディズニーで仮装が許可されているのは、ハロウィンの期間のみです。

それ以外の期間に仮装をすることは禁止されているので、キャラクターの恰好をしたい人はハロウィンイベントが始まるまで我慢しましょう。

ただし、キャストの仮装は他のゲストの混乱を招くため、ハロウィンであっても禁止です。

 

ディズニーの服装にワンピースは禁止?

ディズニーへワンピースを着ていくことは、禁止事項に含まれていません。

ただし、肩紐が無いデザインのワンピースは肩や背中が丸出しになるので、入場できない可能性があります。

オフショルダーのワンピースを着たいのであれば、肩紐が付いたものを選んだ方が無難です。

 

また、キャラクターをイメージした色や柄のワンピースを着ていく分には問題ありません。

この投稿をInstagramで見る

.*・゚(@disney_k0r1)がシェアした投稿

好きなキャラクターがいる人は、ぜひ同じ色のワンピースを探してみてくださいね。

 

ディズニーの服装はロングスカートでも大丈夫?

ディズニーの禁止事項に地面を引きずるようなものはNGという記載がありますが、ロングスカートはこれに当たりません。

ロングスカートといえど、丈の長さはせいぜい足首までの長さです。

ただし、身長の低い人がロングスカートを穿くと地面についてしまう可能性があるので、引きずるようであれば他の服にすることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの服装で失敗しない季節ごとの注意点

ディズニーへ行って服装で失敗しないようにするためには、季節に合った服を選ぶ必要があります。

アトラクションの順番待ちやパーク内の移動で一日の大半を屋外で過ごすことになるので、服装選びは重要です。

普段と変わらない服装で行って、失敗した!と後悔することがないように、季節ごとの注意点を頭に入れておきましょう。

 

春ディズニーの服装

春の気候は穏やかで暖かい日が多いですが、朝晩は気温が下がるため、寒暖差に注意が必要です。

3月はまだまだ寒い日が多いので、厚手のコートやダウンジャケットが手放せません。

4月、5月になると段々と暖かくなりますが、長袖インナーの上に春物のコートやジャケットを重ねるなどして調整する必要があります。

特に、ディズニーシーは海風が強く体感温度が下がるので、春でも重ね着をして薄着にならないように注意しましょう。

 

夏ディズニーの服装

夏のディズニーはとても暑いので、熱中症対策として風通しの良いゆったりとした服装を意識することが重要です

動きやすさで選ばれるデニムは風通しが悪く肌に張り付くので、夏はおすすめできません。

また、水に濡れるイベントが開催されるため、場合によっては全身ずぶ濡れになる可能性があります。

白色の服やシフォン素材の服は濡れると透けるので、イベントに参加するのであれば避けてください。

 

同様に、水を使うアトラクションは濡れやすく、夏は水がかかりやすくなるように調整されます。

ディズニーランドのスプラッシュマウンテンや、シーのアクアトピアは頭から水をかぶる可能性が高いので、乾きやすく透けない服装がおすすめです。

 

ディズニーの夏コーデについては、こちらでも詳しく解説しています↓

40代の夏ディズニーにおすすめの服装5選!大人なママコーデを解説

 

ディズニランドとシーのどっちに行くか迷っている方は、関連記事が参考になります↓

ディズニーランドとシーどっちが人気で楽しい?違いの比較で迷ったときの決め方を解説!

 

 

秋ディズニーの服装

秋のディズニーは寒暖差が激しい日が多いので、春と同じように調整できる服装がベストです

9月はまだまだ残暑が厳しいので長袖を着る必要はありませんが、室内はエアコンが効いているので、羽織るものがあると重宝します。

11月になると一気に寒くなるので、長袖のインナーに厚手のコートを重ね着するなどして防寒対策をしましょう。

また、ハロウィン期間は仮装がOKになるので、家族でお揃いの仮装をするなどして楽しむことができます。

 

ただし、どんなキャラクターの仮装でも良いというわけではありません。

ハロウィンイベントが近づくとディズニーの公式サイトで仮装できるキャラクターを確認することができるので、事前に調べておきましょう。

 

冬ディズニーの服装

冬のディズニーは底冷えする寒さなので、徹底した防寒対策が必要です。

インナーにはヒートテックのような保温効果のあるものを選ぶと、着ぶくれせずスッキリとした見た目を保つことができます。

更に、裏起毛があるパンツやスカートはとても暖かいので、下半身が冷える心配がありません。

 

上着には厚手のコートやダウンジャケットがおすすめですが、着込み過ぎると汗をかいてしまうので、着脱しやすい服装を意識しましょう。

 

また、ディズニーで売っているブランケットは、アウターの上から羽織ることができる冬の便利アイテムです。

フード付きのブランケットは頭から腰までを暖かく包んでくれるので、パークで見かけた時は購入をおすすめします。

 

ディズニーの冬コーデについては、こちらでも詳しく解説しています↓

40代の冬ディズニーは服装選びが重要!大人可愛いママコーデを解説!

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの服装で失敗しない靴

ディズニーへ行く時の服装で、年間を通して最も注意が必要なのは靴です。

どんなに完璧な服を身に着けても、履き慣れない靴を選んでしまうと大失敗することになります。

 

一番のおすすめは歩きやすいスニーカーですが、夏はサンダルの方が快適に過ごせますし、冬はブーツの方が足が冷える心配がありません。

かかとが高い靴やペタンコすぎて高低差が無い靴は、足が痛くなるので要注意です。

 

ディズニー用の靴を選ぶポイントはこちらで詳しく解説しています↓

ディズニーでの靴は何がいい?おすすめポイントと失敗しない選び方を解説!

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの服装で失敗しないための注意点まとめ

今回は、ディズニーの服装で失敗しないための注意点について解説いたしました。

公式で禁止事項が設けられていると聞くとドキッとしてしまいますが、余程のことがない限り入場を止められることはありません。

 

季節ごとの服装には注意する必要がありますが、万が一選んだ服で失敗しても、ディズニーにはパークでしか買えない服がたくさんあります。

 

お土産として服を買うのも、良い思い出になるのでおすすめです。

とはいえ、失敗しない服装で遊びに行くのが一番なので、事前の準備をしっかりとして楽しい一日を過ごしてくださいね。

 

ディズニーのお役立ち情報はこちら↓

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました